産業・組織心理学会第33回大会 2017年9月2~3日
発表時間は22分、質疑応答は8分の計30分でした。多くの有益なコメント・質問をいただきました。議論が白熱し、時間が足りないくらいでした。
我が国における産業組織心理学の先駆者であり、産業・組織心理学会の創設者の一人でもある水口先生(立教大学名誉教授)とお話しする機会がありました。まだ、日本に「心理学」という言葉が世間に認知されていない頃からの研究のご苦労など貴重なお話を教えていただきました。先生の生き方・考え方に触れ、身の引き締まる思いをしました。